2014年8月19日

Facebookからの投稿

銀座ユニーク増田です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きょうは銀座の名所の中の名所の話です。

銀座4丁目交差点にある日産銀座ギャラリーが2014年4月1日より一時休館して現在建物は解体中です。

わたしは子供の頃から銀座に来ると必ずショールームに寄って最新のクルマや人気車、そして綺麗な女性に胸をときめかせていました。(恥)フェアレディやスカイライン、古くはシルビア、サニー、チェリーなんてのもありましたね。(笑)

実は工事は入居しているサッポロ銀座ビルが新しく建て替えられるためなのです。

日産銀座ギャラリーが入居しているサッポロ銀座ビル(東京都中央区銀座5-8-1)は1970年にサッポロホールディングスがビアホール跡地に建設した地上10階、地下4階のビルで、現在は子会社のサッポロ不動産開発株式会社が賃貸オフィスとして管理しています。
このビルは完成後44年を経過していることから老朽化が進んでおり、2014年春に解体を開始し、2015年春に新しいビルを着工。

画像は昔の日産銀座ギャラリーと現在の解体中の様子です。

建て替え後は地上12階、地下2階の最新の複合商業施設として2016年上半期に開業する予定で、日産銀座ギャラリーもブランド情報発信基地としてリニューアルオープンする予定となっていてクルマ好きの私は実は今からとても楽しみなのです。d(^_^o)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新の記事

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ